アプリを利用してセフレをゲットしたいと思ったとき

自分が出会い系サイトや出会いアプリを利用している目的は、とにかく誰でもいいから女性とセックスするためだ、というふうに考えている男性はいると思います。ぶっちゃけ、そういう男性はたくさんいるでしょう。私自身も、出会い系サイトや出会いアプリを利用し始めたころはそんなふうに考えていたので、アプリを利用する男性の心理というものはだいたいわかるのです。

出会アプリ 無料を利用して恋人探しをしようと考える人も確かにいて、そういう人は、とにかく自分が心から好きになれる相手、この人とだったら長く付き合ってもいいと思える相手を探そうとするので、早く誰でもいいからセックスしたいというふうには考えないのかもしれませんが、私の場合はとにかくセフレとの出会いだけを考えて出会いアプリを利用しています。
それはなぜかというと、ある程度の長い間、出会い系サイトや出会いアプリというものを利用し続けてきて、こういう場所は、結婚相手を探す場合のようにまじめな出会いを求めるために利用する場としてはちょっと環境が不向きだということを知っているからです。

出会い系サイトや出会いアプリをどのような目的で利用するかというのはもちろん個人の自由ですし、結婚相手をここで見つけたいと考えている人が間違っているとは言いません。

ただ私は個人的に、もしも私が真剣に婚活を始めるとしたら、出会い系サイトや出会いアプリを利用するのではなく、もっと他の方法を選ぶだろうなと考えているのです。だから、出会い系サイトや出会いアプリはセフレを募集するための専用サイトというふうに考えています。

セフレを募集する場合と、恋人探しをする場合とでは、女性に対するアプローチの仕方が全く違うという人がいます。確かに、恋人とセフレをまったく同じ存在というふうにみなすのはできないかもしれません。こんなことを言ってしまうと問題があるかもしれませんが、ぶっちゃけ、セフレとお付き合いをしながら、本命の恋人との結婚を考えているという人も、世の中に入るわけですし……まあ、そんなふうに二股を掛けていることがもしも本命の恋人にばれたら、それだけで修羅場になると思うのですが。

セフレと恋人が別の存在だからといって、接し方を全く変えてしまうというのは、私は間違いだと思います。具体的に言うと、セフレと恋人という二つの存在を比べた時に、恋人のことは自分なりに一生懸命大事にしようとするくせに、セフレのことは何となくぞんざいに扱うという人がいるのです。

自分では相手のことを十分に大事にしているつもりでも、例えばセフレに対してちょっとでもいい加減な態度を見せるようなことがあれば、せふれは本当に不思議なほどそういうことを鋭く見抜くので、セフレとお付き合いするときはセックスのことだけを考えていればそれでいいということではないのです。

「性格重視」の男性を探すみたいです

これは私が実際に出会い系サイトを利用して知り合った人妻から教わったことです。そもそも私は、人妻との出会いを求めてサイトを利用していたわけではないのですが、いろいろあって出会った女性がたまたま人妻でした。彼女と関係を持つことについて、私は最初のうち、全く乗り気ではなくて、メールのやりとりとかもむっちゃ適当だったんですけど、相手の女性はぜんぜんめげなくて(めげるとかいう言い方はおかしいかもしれませんが)たくさんメールを送ってくれたんです。

これだけたくさんのメールを送ってくるということは、もしかして相手はサクラなのかなーっていう疑いもあったんですけど、送ってくる文面がぜんぜん機械的じゃないし、サクラとはまた違うのかなーというふうにも考えられました。あまりにたくさんのメールが送られてくるので、とりあえず一通だけ読んでみようと思って、そしたら最初に読んだメールがめちゃくちゃ面白くて、気が付いたら、今まで彼女が送ってきたメールをできるだけ読み返していました。

残念ながら、ほとんど読まずに削除してしまったメールとかもあったんですけど、何通過は残っていたので、適当に返信をしたメールも含めて読み返しました。コミュニケーションってこういうことなのかなって思いました。

気が付いたら、彼女と私はもう立派なセフレになっていて、例えば会社の同僚に対しても言えないような愚痴や悩みを、人妻に対して打ち明けるようになっていました。愚痴をこぼすだけじゃなくて、彼女にはためになるアドバイスをたくさんもらいましたが、その中でも勉強になるなと思ったのは、性格重視でお付き合いする相手を選ぶ女性ほど、過去に失恋を繰り返しているケースが多いというものでした。

私のイメージでは、自分が美人なら顔で男を選んで、また自分の外見にそれほど自信がなければ、性格で男を選びたがる女性が多いのかなと思っていたのですが(私の考えだって、それほど的外れではないと思うのですが)性格で男を選ぶようになるかどうかというポイントでもう一つ重要なのは、過去に失恋をどれだけ繰り返しているかどうか、なのだそうです。

変な話、女性は誰だって、恋愛のことでは特に高望みをしたいものなのです。それで失恋せずに素敵な出会いを実現することができたらいいのですが、たいていの場合はそれほどうまくいかず、自分が理想とする恋愛をなかなか体験できないので、行ってみれば男に対する欲求の水準みたいなものがだんだんと下がってくるんですよ。高望みをしなくなるという感じですね。

出会い系関連の参照記事一覧→出会系サイト 評価

自分が持っている魅力に対する対価だと思っています

援助交際というものを批判する人はたくさんいます。確かに、百パーセント正しい行為といいきれない場合もあるでしょう。実際に援助交際がらみの犯罪って多いですし、出会い系サイトというものが援助交際の温床だとみなす考え方もあります。それは私だってわかっているのです、だからこそ、出会い系サイトを利用していることを批判してくる人たちをあまり強く言い返せないときもあります。

しかしながら、私自身が援助交際というものをずっと続けてきて、やっぱりこれは私にとって必要なことなのだと改めて思います。援助交際というものを否定する人がたくさんいるのは分かりますが、だからといって、わたしにはこれが必要なのだと思う気持ちは変わらないのです。援助交際というものが完全に法律で取り締まられるとかそういうことがもしあったら、私は私であることを見失ってしまうかもしれません。

私には特にこれといった特技もなく、就職もできないフリーターの身分です。家族を幼いころに亡くし、自分のことを守ってくれる恋人もいないので、どれだけ苦しくても自分で生活していかなければいけません。私にとってなんとかして生活のためにお金を稼ぐ手段、そして自分の魅力を他人に認めてもらえる唯一の手段というのが、援助交際しかないのです。だからわたしは、もしも援助交際というものが法律で完全に禁じられたとしたら、そんな世の中でうまく生きていく自信がありません。

援助交際というものを批判する人たちのことはともかく、私はこういった行為で受ける報酬について、自分の魅力に対する正当な報酬だと考えるようにしています。そうでないと、自分を奮い立たせることがなかなかできないからです。

出会い系サイトを利用して知り合う男性は、基本的にみんな、私にとってのお客さんですから、あまり気が抜けません。自分がセフレを探すだけのときだったら、出会い系サイトを利用しているといってもやっぱり高望みをするので、相手を思いっきり選びます。でも援助交際をするときっていうのは、お金をしっかりと稼ぐことというのが一番大事なことなので、男性を自分の好みで選ぶのではなく、どれだけいい条件で援助交際をさせてくれるかという基準で選びます。

援助交際をする男性は基本的にお金持ちが多いような印象ですが、その中でもできるだけ良い条件を提示してくれる男性の相手をしたほうが、私にとってプラスになるのです。

若くてかわいいからといって

これは私がmコミュという出会い系を利用しながらつくづくと感じていることです。
利用しているのが優良サイトだからとか、そんなことはあまり関係がないんです。
男女のコミュニケーションというのはうまくいかないことが結構多いので、不満は誰にとってもつきものです。

お付き合いする相手をどんな基準で選ぶのかというのはもちろん自由ですが、例えば一度、見た目を基準にして相手を選んでみたら後悔するような出来事があったという場合、もうそれに懲りて、二回目からは決して外見では相手を選ばないということがありえると思います。

私は、それが一度目というわけではないのですが、出会い系サイトを利用してものすごい美女(幼い顔立ちだったので美少女と表現してもいいくらいかもしれません)と知り合って、自分ンはなんて幸せ者なんだというふうに舞い上がっていた時期があります。
今となっては、あの頃の自分はなんて馬鹿だったんだろうかというふうに冷静な気分で振り返ることができるのですが、彼女とお付き合いしていたころは、もうすっかり気持ちが舞い上がってしまって、とにかく彼女に嫌われないように必死で……もしも彼女と別れてしまったらもう他のチャンスには恵まれないような気がして(実際には決してそんなこともないのですが)自分がやってる人付き合いに問題があるのだということに気づけませんでした。

何が問題だったのかというと、私が出会い系サイトを利用して知り合ったパートナーは、決して素敵な女性ではなかったということです。
冷静に考えればそんなことも余裕で気づけたと思うのですが、どうしても女性とお付き合いした経験が乏しいと、冷静に物事を判断できなくなるんですよ。

確かに彼女は美人でしたが、はっきり言って外見以外の点については魅力がなく、最低の女性だと表現しても間違いではないくらいでした。
もし彼女の性格が良ければ、わたしでなくても出会いのチャンスはたくさんあったと思うので、わざわざ出会い系サイトを利用する必要もなかったと思います。

ちょうど私が彼女とお付き合いすることにつかれ始めたころに向こうから振られたので、別れるタイミングとしてはベストだったと思います。
何度も繰り返しますが、私が出会い系サイトを利用して知り合ったある女性は、間違いなくとてつもない美人でしたが、外見以外の要素についてはまさに最悪でした。
だからわたしは、彼女とお付き合いをしていてもあまり幸せを感じなかったのです。

出会い系mコミュ情報

旦那との体の相性が合わない人妻

出会い系サイトを利用しているといろいろな人に合う可能性がありますが、私がサイトを利用して知り合ったのは、欲求不満を抱えた人妻でした。パッと見て綺麗な人で、服装もきちんとしているので、恐らく経済的には苦労していないだろうなということがわかりました。

出会い系サイトを利用していろいろな人とコミュニケーションをとっていると、一目会っただけでその人がどういう人なのか、結婚しているのか若いのか、セフレとの出会いを求めているのか、それとも真剣に結婚を前提にお付き合いできる相手を探しているのか、そういうことがなんとなくわかるようになるんです。

自分が利用する出会い系サイトの種類によって、どういう相手と出会えるのかということについては当然のことながら傾向が違いますし、この子はきっと女子大生だろうと思った相手が実は人妻だと知ってびっくりしたり、けっこう自分の予想が外れてしまうことは確かにあるのですが、その人妻との出会いの時は、自分の予想がだいたい当たりました。

最初、その人妻は、自分が人妻であるということを隠していたんです。実際のところ、出会い系サイトを利用して不倫をしてしまう人妻は、自分が人妻であるということを隠しているケースが非常に多いです。やっぱりすでに特定のパートナーがいるのに、その人を裏切って出会い系サイトを利用しているということについて、罪悪感もあるでしょうし、それ以上に自分が人妻だと知られてしまうのが恥ずかしいのでしょう。

しかしながら、私はすでに出会い系サイトを利用してそれなりに多くの人妻と出会ってきたので、今回知り合った女性が人妻であるということにも気が付きました。相手はどう考えていたのかわかりませんが、私は別に真剣に結婚相手を探すために出会い系サイトを利用していたわけではありませんし、セフレとして人妻とお付き合いすることについても全く抵抗がなかったので、自分が人妻であるということを隠していられるほうがずっと嫌でした。

かといって、あなたは実はひとづまなんですよね? ということをはっきりと指摘していいものかどうか迷いました。私がそう指摘して予想が当たっていれば問題にはならないでしょうが、もしも外れていたら相手に失礼ですし、単に失礼なだけではなくて余計なことを言ってしまったために相手に嫌われてしまうのではないかという危険もありました。

せっかくセフレ候補と出会うことができたのに、自分が余計なことを言ってしまったばかりに嫌われてしまうというのはあまりにももったいないです。出会い系サイトを利用するだけなら誰でも簡単にできますが、実は出会いを求めるというのはそれほど簡単なことではないからです。

相手が人妻なのか何なのか、どうしても気になったので、ちょっとくらい相手の機嫌を損ねてしまうのは覚悟のうえで、思い切って「ひょっとして旦那さんがいたりしない?」というふうに聞いてみました。深刻な感じではなく、冗談交じりな雰囲気が伝わるように気を付けたつもりですが、結果的に相手の女性があっさりとそれを認めたので、私たちは特に問題なく、セフレとしてお付き合いを始めることになりました。私にとっては当初かんがえていた通りの出会いだったので、特に戸惑うこともありませんでした。

相手が人妻であるということだけではなく、経済的にそれほど苦労していないという予想も当っていました。経済的に苦労をしていないどころか、実はかなりのお嬢様だということがわかったのです。私は過去にそれなりに裕福な女性とお付き合いした経験もあるわけですが、新しく知り合った人妻はきっと、私がこれまでお付き合いしてきた度の女性よりも裕福ではないかなというふうに思いました。具体的に、家にはお金がどれくらいあるのかということを本人に聞けるわけがありませんが、だいたい「この人はものすごいお金持ちだな」ということは、女性をじっと観察していれば分かるものなのです。

お金があったら普通は人生に対する不満も小さくなるので、出会い系サイトを利用しているパターンも少なくなるのですが、出会い系サイトを利用している人妻が実はお金持ちだったという場合、可能性としては大きく分けて二つしかありません。
旦那に対して特に不満はないけど、体の相性が合わないか、あるいは日常に刺激を求めて出会い系サイトを利用し、旦那以外の男性と体の関係を持っているという場合。この場合は、人妻はいわゆる逆援助交際というものも意識している可能性が高くなります。

そしてもう一つの可能性は、お金はあるけれども旦那との関係が決定的に悪いというケース。旦那との関係が決定的に悪いというのは、どちらかというと体の問題ではなくて心の問題です。この場合、旦那に対して愛情を感じられなくて(旦那のほうは奥さんに対して愛情を感じられなくてセックスレスになり)夫婦の冷え切った関係を修復できないままそれが欲求不満になって出会い系サイトを利用しているということになります。

私が知り合った人妻は前者のパターンでした。つまり、旦那との関係が決定的に悪いというわけではないけれども、どうしてもセックスに満足ができないから欲求不満になっているというパターン。

実は、お金持ちのお嬢さんと出会い系サイトを通じて知り合ったとき、万が一不倫がばれたらお供のほうまでものすごいトラブルに巻き込まれるということは多いのですが(何しろ相手がお金持ちですから)それでも不倫をやめられないというのが男の佐賀というか、相手がお金持ちだからこそおいしいポイントというのももちろんあるわけです。

お金持ちの女性が旦那とのセックスに不満を持っている場合、出会い系サイトを利用してもしも本当にセックスで満足させてくれる男性と出会うことができた場合、当然のことながら、これまで自分が本当に満足できるセックスというものを知らなかった分だけ、味わう感動も大きくなりますよね。

それで、セックスの力で私をここまで満足させてくれる男性を簡単には手放したくないというふうに考えるわけです。
男性のことを手放したくないからこそ、セフレに対してお小遣いを渡すというケースが多いんです。
お金持ちの人妻だからこそこういうことができてしまうんですね。
出会い系サイトを利用して知り合った女性から男性がお金を受け取った場合、それは一般的に逆援助交際といわれる男女関係になるのだと思いますが、普通に考えて逆援助交際というものは、ある程度経済的に余裕がある女性しかできない行為だといわれています。

だからこそ、出会い系サイトを利用してお金持ちの女性と知り合い、なおかつその女性をセックスで満足させることができれば、今後もある程度安定的にセフレとしての関係を続けることができて、なおかつお小遣いまでもらえる可能性があるということで、パートナーの男性にとってはいろいろと美味しいことが多いんです。

欲求不満の人妻多数→不倫サイトはコチラから

逆援助を望んでいる女性と結婚することは可能ですか?

出会い系サイトを利用していると、本当にいろいろな人が世の中に入るのだなということを実感します。出会いが少なくなったとか、結婚したいけど相手がいないとか、そんなことを言って寂しそうにしている人は大勢いますが、それでもまだ出会い系サイトの中には出会いのチャンスがあるのだと思います。

確かに、男女の関係は複雑で、誰かが「出会いたい!」とか「結婚したい」と思ってもそれがうまくいかないということはよくあるのですが、出会いがほしいけれどなかなかうまくいかないといって嘆いている人のために出会いのチャンスをもたらすのが出会い系サイトの凄いところだと思うのです。

出会い系サイトは、ほんの少し前までぜんぜん有名ではなかったのですが、今ではすっかり有名になったと思います。
有名になったということは、男女問わず本当にたくさんの人が出会い系サイトを利用して出会いを求めるようになったということですよね。出会い系サイトを利用する人が増えた理由はやっぱり、出会い系サイトというものが誰でも簡単に利用できるサイトであるということと、出会い系サイトを利用してみると、自分のやり方次第でどのような出会いでも実現できることでしょう。

出会い系サイトを利用することに抵抗があるという人もたくさんいます。もちろん、出会い系サイトそのものや出会い系サイトを利用している会員たちにいろいろと問題があるというのは昔から言われていることで、これは事実なので仕方のない部分もあるでしょう。

出会い系サイトを利用することに抵抗があるという人は特に、セフレ募集や援助交際というものを嫌うようです。その出会いを真剣に目指している人を除けば、まあ、普通に考えてこういう出会いには抵抗があるという考え方も理解できます。

私も正直なところ、出会い系サイトを利用してこういう出会いを目指すことについて抵抗を感じている部分もあるのですが、でもこういう特殊な男女関係は、それこそ出会い系サイトを利用しなければほとんど実現不可能な男女関係ではないのかという考え方もあるわけですね。

出会い系サイトを利用する際には自分の出会いに自分で責任を持つべきなので(だからこそ出会い系サイトは成人向けのサイトなのですが)赤の他人が「出会い系サイトを利用してこういう出会いを目指してはいけない」というふうに横から口出しすることはできないのですが。

出会い系サイトを利用して実現できる出会いのタイプの中で、やっぱり援助交際や逆援助交際というものは特殊だと思います。そういう出会いを求めている人たちでさえ、自分たちの目指している出会いはやっぱり特殊なのだという自覚があるのだと思います。

だからこそ、逆援助希望の女性はそのことをパートナーに対してなかなかカミングアウトしないんですよ。自分が逆援助交際というものを望んでいるのだということが他の人に知られたら、それだけでドン引きされてしまうのではないかとか、せっかく出会い系サイトを利用しているのに出会いのチャンスがなくなるのではないかとか、やっぱりいろいろな懸念があるみたいですね(逆援をする女性の狙いとは)。

実際、悪徳な出会い系サイトに潜むサクラなどは、掲示板上に「セフレを募集しています!」とか「逆援助してくださいませんか?」などと言って男を誘惑するケースが非常に多いんですよ。
男性の立場からしてみれば、セフレをゲットできたうえにお金まで手に入るかもしれないと、そんな美味しい話があるわけないだろうというふうに警戒するわけですね。
だから悪徳なサクラが掲示板上にこういうメッセージを書いても、やっぱりスルーされることが多いみたいです。
騙されてしまう人はいるんですけど、全体的に見れば数は少ないですね。

私はもともと出会い系サイトを利用してきちんとした恋人探しがしたいと思っていたのに、実際に出会うことができたのは、実は逆援助を希望している人妻だったんですね。
それまでにもメル友とのやり取りは何人かやっていたのですが、結局のところ一番感触が良さそうだったのがその人妻だったんですよ。
私だって、始めから相手は援助交際を希望するセフレだということを知っていたら、その時点でお付き合いはお断りしたかもしれません。
でも、逆援助を希望している人妻ってそのことを黙っているケースが多いんですよね。
だから僕も騙されてしまいました、騙された時に相手を嫌いになることができたらよかったんですけど、はっきり言って虜になってしまった後なので本当に困ってるんです。

逆援助を希望している女性と関係をさらに深めて、いずれは結婚できない者だろうかと、けっこう本気で思ってしまいます。
お前は馬鹿じゃないかといわれるかもしれませんが、けっこう本気です。

だって、人妻が逆援助を希望しているということは、やっぱり旦那さんとの関係があまりうまくいっていないということだと思うんですよね。
もちろん、そのあたりの個人的な事情については深く追求していませんが、模試も旦那さんとの関係がうまくいっていなくて、その結果として出会い系サイトを利用し、不倫を考えているというのであれば、私としてはいっそのこと、逆援助なんていう特殊な不倫の関係ではなくて、彼女とは結婚を前提にしてお付き合いを考えたいと思うのですが。

でも、逆援助を希望しているということは、この人妻はきっと経済的にはある程度の余裕を持っていると思うのです。
だからこそ、それほど切実に結婚する必要性(男に頼る必然性)を感じていないのかもしれません。

神待ち掲示板なんて誰もいませんから

基本的には、もう神待ち掲示板には少女達というのは存在していません。その大きな理由なのですが、こんなサイトは完璧にサクラの温床になってしまっているから、と断言することができるからです。まず、簡単な話なのですが、こんなサイトに少女が簡単にアクセスすることができるのか?と、いうことです。確かに今の時代、別にどんどんこういったサイトを利用することは誰だってすることが可能です。しかし、冷静に考えれば分かりますが、少女達がこのサイトを利用することにより、誰も特をしないというのが彼女達にも分かっていますし、セックスをただただしたいというのであれば、ハッキリ言ってみんな風俗などに努めます。

何となく、お金が貰えるし、寝床にご飯も…ってな理由で神待ち掲示板が人気なのですよね。でも、よく考えてみれば分かるのですが、こんなサイトより、風俗の方が100倍儲かるのです。で、あれば全く、このサイトを利用する価値が無いということですよね。これって、無駄が多いとは思わないでしょうか?そういった流れを考えていれば、何も考え込む必要は無いでしょう。そういった事です。そんな訳で、誰も神待ち掲示板を利用するメリットいうものが無いのです。そのぐらい、分かっていただけると思いますよ。

神待ち掲示板について詳しく知りたい方はコチラ→家出少女はSEX出来るのか検証

乙女心がちゃんとわかる人がいいです

出会い系サイトを利用して、お付き合いする異性を選ぶのは、誰にとってもそれなりに大ごとだと思います。
よほどの事情がない限り、付き合ってくれるんだったらどんな異性でもいいといって投げやりな気分になる人はいないでしょう。

私にはよほどの事情というものがないので、お付き合いするんだったらどんな男性でもいいという気分にはなりません。
きちんと、自分で選んで納得できる人とお付き合いしたいです。
私だけが特別なことを言っているわけではなく、特に女だったら、私と同じようなことを考える人はものすごく多いと思います。

女にとって、男性を選ぶ基準というのは、イケメンだからとかお金持ちだからとか社会的に地位があるとか、そういう点ではありません。
もちろんそういう基準で男性を選ぶ女性が全くいないとは言いませんが、多くの女性にとって男性を選ぶ基準というのはあくまで、自分が納得して相手を選んで、長いお付き合いを通してきちんと好きになれるかどうかなのです。

私は、男性のことを外見で判断しないとは言い切れません。
誰にだって、例えば好きなタレントとか役者とか、そういう存在っていますよね。
テレビに出ている人って、やっぱり顔で判断されていることが多いと思うのですが、私だってタレントのことは少なからず顔で判断しています。
異性について好みのタイプがあるのは誰だって同じです。

でも、異性を判断する基準って、やっぱりそれだけじゃないと思うんですよ。
年齢を重ねるごとに、人を判断する基準が変わってくるというのは当然のことながらありえると思いますし、よく、熟年離婚した女性が「出会ったばかりの頃は、旦那のことがすごく素敵に見えたんです」というようなことを言います。
出会ったばかりの頃は素敵に見えたが、いまはそうではないということですね。
非常に残念なことですが、異性とのお付き合いにおいて、出会ったばかりの頃と現在とでは印象が悪い方に代わってしまうという場合も多く、それが熟年離婚の原因の一つだともいわれていますね。

若いころなら、恋の勢いだけで何とか見えずにすんでいたものが、年を重ねて、恋愛の新鮮さが失われていくと同時に見えてしまうのです。

まず、人間の容姿は当てにならないと私は思います。
なぜなら、どんな人にとっても容姿は、時間の経過とともに少しずつ失われていくからです。
いつまでも二十代の時のように若くてきれいなままでいられたら、と誰もがそんなふうに思うわけですが、残念ながらそんなわけにはいきません。
また、若いころはどれほど優秀であった人も、年を重ねるごとに少しずつ納涼区が衰えていきます。
これはもう避けられないことなのです。
生まれた人間は必ず死ぬというのが世の中の宿命です。

もちろん、年を重ねてからもなお精力的に勉強を続け、次々に新しいスキルを身に着ける人はいます。
容姿にしたって、若いころよりも歳を重ねてからのほうが素敵に見える、という人はいるわけです。
そういう人たちのことについて、うらやましくないといえばうそになってしまうでしょう。

それでもやっぱり、お付き合いする異性を選ぶ際の基準は、容姿でも能力でもなく、やはりハートの部分だと私は思うのです。
つまり性格の良しあしや、価値観の一致などが、異性とお付き合いを長く良好に続けていくためには重要なことなのです。

性格の一致や価値観が一致ということに関連して、私がお付き合いする異性を選ぶ際の絶対的な基準の一つは、乙女心がわかってもらえる男性かどうか、これにつきます。
若いころは、私自身がほんの少しだけ、自分の容姿に自信を持っていたためか、お付き合いする男性についても、やたらと高望みをして選んでいたように思います。
若いころの恋愛なんてみんなそうなのですが、やっぱり心のどこかで自分の価値を実際よりも高く見積もったり、あるいは異性とのお付き合いを甘く考えていたりで、勘違いしている部分も多いのですが、年を重ねるに従い、普通であったらそういう勘違いもだんだんと無くなっていくものです。

顔だけを見て男性を判断したこともありました。
また、わたしはこれだけ魅力的な女なのだから、お付き合いをする異性にも困らない。
どうせならお金持ちの男性とお付き合いしたいと考えていた時期がありました。
でも、私も大人になってからいろいろな人とお付き合いをしてきて、男女のお付き合いとか恋愛というものが、実は私が思っていたほどうまくいくものではないのだという事実を知り、愕然としたんです。

うまくいかないもの、というよりは、私がかつて考えていたように「イケメンやお金持ちと結婚したらそれだけで幸せになれる」というようなことは無い。
という事実に気が付いたというべきでしょうか。
年を重ねるごとに、異性を選ぶ基準というのはどんどん変わっていって、特に女性は若いころに比べれば年を取ってからのほうが、より現実的な基準で男性を選ぶようになるとよく言います。

私は今では、イケメンでお金持ち、それだけの人とお付き合いしようとは思いません。
私にとって男性を選ぶ際の一番の基準はやっぱり、その人にちゃんと乙女心がわかっているかどうか、それに尽きると思います。

これまでの人生で、何人かの男性とお付き合いしてきました。
その結果、第一印象というものがあてにならない場合もある、ということを学んだのです。
第一印象で「この人は本当にイケメンだな」と思っても、乙女心が全然わかっていない人だったら、だんだんと嫌いになって言ってしまいます。
嫌いになるというよりは、だんだんと魅力を感じなくなる、というべきでしょうか。

きちんとお付き合いする人だったら、乙女心がわかっている男性がいいです。
基本的に、私を含めて女性というものは、本当に言いたいことほど口に出して言わないものです。
けれどもどうやら男性は、普通に考えればわかるようなことまで、何でもかんでも説明しなければ他人の気持ちを理解しない場合が結構多いようです。
そういう人とお付き合いするのは疲れてしまうので、乙女心がわかっていることも重要ですが、要するに空気がちゃんと読める人がいいですよね。

出会い系で迷ったらまずはコチラをご参考に→人妻出会い アプリ